題詠ブログです
by yuriechamomile
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
父の盆4
at 2017-08-17 08:55
父の盆3
at 2017-08-12 15:35
父の盆2
at 2017-08-12 00:32
父の盆1
at 2017-08-11 16:30
「タイプ」または「責」
at 2017-07-26 02:59
カテゴリ
全体
題詠100 2016
題詠ったー2017より
題詠ブログ2015
題詠ブログ2014
題詠ブログ2013
短歌
題詠ブログ2012
おひとりさまうた
ひとり詠み再び2012題詠
父の盆
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログパーツ
フォロー中のブログ
111.31KV620日記
KazのNY庭生活 2
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
記事ランキング
ファン
メモ帳
最新のトラックバック
参加受付(2次募集)
from 「題詠blog作品集」連絡帳
由子さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
日々の出来事
創作小説・詩
画像一覧

カテゴリ:題詠100 2016( 97 )

070:凝(由子)

表現のツモリで凝りぬその仮装理解不能なオトナはろうぃん
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 23:15 | 題詠100 2016 | Comments(0)

069:枕(由子)

「また来る」と枕を直し握手するわれとホームの母の約束
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 23:14 | 題詠100 2016 | Comments(0)

068:国歌(由子)

国歌批判小6に説きし担任に「直接言えよ」と今ならいうけど
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 23:09 | 題詠100 2016 | Comments(0)

067:挫(由子)

究極の生の頓挫も他人事ならば生きなきゃ粋に野太く
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 23:08 | 題詠100 2016 | Comments(0)

066:瓦(由子)

ひとはみな居場所をさがす人身事故遅延きつつ瓦版よむ
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 23:07 | 題詠100 2016 | Comments(0)

063:律(由子)

未入金キャンセル常習mojioらへ作家らも増やす怒りの戒律
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 22:06 | 題詠100 2016 | Comments(0)

062:歴(由子)

一点もの羊毛ネコへ送られたmojioの妨害メールの履歴
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 20:48 | 題詠100 2016 | Comments(0)

061:版(由子)

再版は出来なきままに叔父遺すいちばん読みたき詩をさがしてる
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 20:46 | 題詠100 2016 | Comments(0)

059:ケース(由子)

安堵にも屈折があるトシなんです。DARS/ビターのチョコのケースを
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 20:42 | 題詠100 2016 | Comments(0)

056:蓄(由子)


蓄積の無念に男は手離しぬ妻認知症ののちの編み糸
[PR]
by yuriechamomile | 2016-12-06 20:35 | 題詠100 2016 | Comments(0)