087: 餅(由子)

妹ら焼香に来ぬ盆休み水餅を添え父に語りて
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-30 07:04 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

086:ぼんやり(由子)

ぼんやりと椀につかまり思索するシマリスとなり夏の一景
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-27 06:40 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

085:歯(由子)

今更の速習コースじゃ歯が立たぬ試験であった酒だ疲れた
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-26 12:14 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

084:左(由子)

ありきたりな悲しみじゃない左手を下に組むのは亡き父の血で
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-24 20:24 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

083:霞(由子)

陰性の負の宝石も受けつぎて長女が摘みぬ霞草の花
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-23 01:00 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

082:柔(由子)

懐柔の価値もないらし「殺しちゃあマズい」と所長へ親会社らは
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-18 17:49 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

081:自分(由子)

溜めこみぬ怒りの石に「許そうよ」自分に言いて漢方薬を
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-17 01:41 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

080:修(由子)

遠く近き夏の花火よ孤独というものを修めて父は召されり
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-15 20:25 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

079:悪(由子)

「うまくゆく」と信じて記す父の手記 悪かったとしか言えない盆だ
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-14 21:13 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

078:師(由子)

酷暑なり師と呼ばれたる教祖らは崩壊民主党を取り込む
[PR]
by yuriechamomile | 2013-08-11 08:02 | 題詠ブログ2013 | Comments(0)

題詠ブログです