031:栗(由子)

「虹の橋で姉ちゃんどうしてるだろうね」とわかるはずなき弟栗鼠に
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-30 19:30 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

030:噴(由子)

水やりに噴霧するのかハコベラへ栗鼠飼い族は野草にも長け
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-30 18:45 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

029:スープ(由子)

このスープレシピは父も好きだろうミネストローネの彩りもまた
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-30 08:38 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

028:塗(由子)

心屋のことばのように塗り潰すことなく許せる自分がほしい
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-27 05:09 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

027:炎(由子)

十一は佳き数霊であったはず月命日の炎のゆらぎ
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-26 21:41 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

026:応(由子)

生存権得たる手応えほしく買うわたしのためのシネマチケット
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-23 09:56 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

亡き父ががっかりするから頑張ろうあの時ほどは孤独ではない

すみません、ナンバー間違えてました。
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-20 07:58 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

024:維(由子)

思考さえ忘れる果てにあらがいて現の維持に書きし父の字
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-16 22:08 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

023:保(由子)

Honesty聴けば寂しい慕う師の保身の術をみせつけられて
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-15 14:38 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

022:関東(由子)

あるらしい人材開発なる簑のリストラ業務課関東支社圏
[PR]
by yuriechamomile | 2014-04-11 08:38 | 題詠ブログ2014 | Comments(0)

題詠ブログです