題詠ブログです
by yuriechamomile
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
父の盆4
at 2017-08-17 08:55
父の盆3
at 2017-08-12 15:35
父の盆2
at 2017-08-12 00:32
父の盆1
at 2017-08-11 16:30
「タイプ」または「責」
at 2017-07-26 02:59
カテゴリ
全体
題詠100 2016
題詠ったー2017より
題詠ブログ2015
題詠ブログ2014
題詠ブログ2013
短歌
題詠ブログ2012
おひとりさまうた
ひとり詠み再び2012題詠
父の盆
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログパーツ
フォロー中のブログ
111.31KV620日記
KazのNY庭生活 2
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
記事ランキング
ファン
メモ帳
最新のトラックバック
参加受付(2次募集)
from 「題詠blog作品集」連絡帳
由子さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
日々の出来事
創作小説・詩
画像一覧

<   2016年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

020:含(由子)

含有量気にせず母と食べた夕ひとに疲れてホームを訪ね
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:44 | 題詠100 2016 | Comments(0)

019:幅(由子)

悲しみをある振幅に詠ませらせ繰りかえし見る凍夜の記憶
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:43 | 題詠100 2016 | Comments(0)

018:荷(由子)

母とふたりだったサクラも見れなくて春ごとに増す寂しさの負荷
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:42 | 題詠100 2016 | Comments(0)

017:誤解(由子)

誤解には嘘のやすらぎもたらしぬ今宵の闇で明日まで生きる
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:39 | 題詠100 2016 | Comments(0)

016:察(由子) 

診察を待つ間母問うひとありて負い目尽きなきホームの母よ
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:38 | 題詠100 2016 | Comments(0)

015:盲(由子)

生きづらさ見えているのかココロ許す奴見極めろと盲目の僧
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:36 | 題詠100 2016 | Comments(0)

014:タワー(由子)

吉方位しらべ家探しよりさきにキャットタワーをせっかちは買う
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:35 | 題詠100 2016 | Comments(0)

013:伏(由子)

名優の大杉漣が引きこみぬ伏せられつづけたメルトダウンの日
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:34 | 題詠100 2016 | Comments(0)

012:卑(由子)

感染の入り口だろう 認証の卑近距離なるゲーム誘導
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:33 | 題詠100 2016 | Comments(0)

011:平(由子)

悲しみの耐性いよよ弱くなり平静よそおう後の過呼吸
[PR]
by yuriechamomile | 2016-04-03 13:32 | 題詠100 2016 | Comments(0)